フィナステリド+ミノキシジルって本当に最高の組み合わせなの? コロナの陰で起こったアメリカの出来事について

羽田三樹夫
あなたはアメリカで、フィナステリドにミノキシジルが混ざった薬が出回り、ちょっとした騒ぎになったことを知っていましたか? コロナ禍の真っ只中にハゲ治療中の男性を襲った悲劇とはなんだったのか? わりとシャレにならない出来事を紹介してみます。

 
 

自主回収する騒ぎに

ミノキシジルの内服薬(商品名Lonitenロニテン)はアメリカで降圧剤として認可されている薬で、日本での認可はありません。この薬の「副作用」に多毛症が見られたため、その副作用目当の人から重宝されています。フィナステリド(商品名プロペシア)は、日本でも認可されているハゲ・薄毛治療薬で、5α-還元酵素の阻害薬として知られています(ジヒドロテストステロンが薄毛に影響しているというのがわかってきたので、その生成を阻害するのが目的の薬)。薄毛治療をうたうクリニックは大抵、このフィナステリドとミノキシジルを組み合わせて処方しています。これにミノキシジルの外用薬(頭にふりかけるやつです)、栄養補給のサプリを処方するというのが薄毛治療で多用されているやり方です。このやり方で効果があるのなら、フィナステリドにミノキシジルをはじめから混ぜちゃえばいいじゃん! というのはある意味「道理」ですが、実際にアメリカの製薬会社がこの「道理」を採用した薬を開発しました。「Finasteride Plus 1.25mg」という薬です。ただしアメリカでもミノキシジルの内服薬はハゲの薬としての認可はありません。製薬会社はあくまで間違って混入した、という態度を貫いているようですが果たしてどうでしょうか?

黒沢月男
「Finasteride Plus 1.25mg」という薬にミノキシジルがあやまって配合されていたため製薬会社によって自主回収されたんですよね。
羽田三樹夫
コーヒーをブレンドするみたいなノリの薬だけど、日本でもこんな感じの「ノリ」でどこでも薬を処方しているだろ?
黒沢月男
ミノキシジルはミノタブなんて愛称までついてますもんね。
羽田三樹夫
そもそもこのブログではずっと言ってきたことだけど、ハゲ・薄毛っていうのは疾患ではないんだな。西洋薬の基本はなんだと前に言った?
黒沢月男
「毒をもって毒を制する」ですね。
羽田三樹夫
そう。その制すべき毒がないのに毒だけ飲んでいるというのがこのハゲ・薄毛界隈の奇妙な現状だってことだな。実際フィナステリドに関しては「ポストフィナステリドシンドローム」なんていう言葉まであるほどだ。
黒沢月男
フィナステリドをやめてなお続く後遺症ですか。
羽田三樹夫
薬による治療なんて、宝くじを買ったようなもんだよ。たまたま当たればいいけど、外して深刻な副作用だけもらってきたなんて本当にシャレにならない話だ。こういう視点から見てみると、この回収劇から色々と学ぶこともあると思う。

患者に副作用が出たために判明

この回収劇は実際にその薬を処方された人に副作用が出たため、回収されることになりました。現地のリポートをネット上でも見ることができますが、副作用が出た人はコロナにかかったと思って自主隔離していたとのことです。コロナだと思ったら、ハゲの薬が原因だったという、ある意味笑い話ですが、問題はそのくらいの副作用が服用してすぐに患者に出ているという事実です。もちろん薬の相性も考えずに勝手にブレンドすれば変な副作用が出て当然です。ただし、フィナステリド、ミノキシジルともに重篤な副作用が確認されている薬で、その両者を飲み薬として同時に処方されている現実が日本にあるということが重要です。

羽田三樹夫
自分もコロナにかかったと勘違いして、自主隔離していたっていうんだな。そんなの本当にシャレにならない話だよ。「CBS12 News」「The fear was coronavirus; Local patients got ‘bad batch’ of hair growth drug」(その恐怖はコロナ級―発毛薬の不良品をつかまされた患者)というタイトルでレポートしているけど「The symptoms, said Fulmer, included an irregular heart rate, fatigue, dizziness, sweats, vomiting」なんていう風に症状を伝えている。

.

黒沢月男
症状として「不整脈、急性疲労、めまい、発汗、嘔吐」があったということですか。でもミノキシジルって降圧剤でしょう? そんなに都合よく紛れ込むもんですか?
羽田三樹夫
この「CBS12 News」を見るとその問いに対して製薬会社は回答していないっていうんだな。だから意図的にまぎれこませてより成績のいい薬としてプッシュしようとしていたんじゃないかっていう疑惑を持たれているわけだ。
黒沢月男
そんなとんでもない話じゃないですか。
羽田三樹夫
確かにとんでもないけど、日本でもフィナステリドとミノキシジルの内服を処方するなんて当たり前の話じゃない。
黒沢月男
だからってカレー作っているんじゃないんですから。
羽田三樹夫
このニュースでわれわれハゲ・薄毛界隈の人間が特に注意する必要があることは、さっきも言ったけどこの「ノリ」に近いことが日本でも公然と行われていること、そして患者によってはコロナと間違うような副作用に見舞われる可能性があるということだよ。

ミノキシジルはFDAも強く警告しているのが現状

日本皮膚科学会が「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」なる薄毛治療の指針を出していますが、そのなかでもミノキシジルの内服に関しては「行うべきではない」と結論づけています。そもそもこの薬はアメリカのFDA(日本の厚生労働省のようなところです)から「black box warning」という最高レベルの警告が出されていて、使用について特に注意喚起がなされています。今ハゲの治療というのは皮膚科に行くのが主流です。皮膚科の医者がハゲ・薄毛という「患者」に真摯であることはたぶん間違いありません。ただし、ハゲ・薄毛の人を育毛サロンに取られてしまうとなると話は別です。あくまでも「病院」というのは患者を診て成り立つ「商売」の一面があるということを絶対に忘れてはいけません。その意味においては育毛サロンに行くことも医者に行くことも変わりがないということです。

 
 

ミノキシジルに関しては、下の二つの記事に詳細が書いてあります。のぞいてみてください。

ミノタブは論外です! ~ミノキシジルタブレットの副作用・危険性について~

ミノタブはやっぱり論外です! ~続ミノキシジルタブレットの副作用・危険性について~

 
 

倫理的な問題になる可能性もある

今回のこのアメリカの騒ぎで一番注目しておくべきなのは、FDAが発した警告の中身です。ミノキシジルはハゲ・薄毛に安易に使用する薬ではないんだ、という当たり前のことがわかる内容になっています。なかには薬のコーディネーターよろしく薬の組み合わせを紹介している人間までネット上では見かけますが、こうしたことは倫理的な問題になる可能性がある「ヤバイ」行為です。また免許を持っている医者はたぶん患者に対して真摯に向き合うでしょうが、それと同じくらい自分の食い扶持にも十分に「興味」があるということを忘れてはいけません。最後に今回の回収に関してFDAが通知した文章のなかで「Risk Statement」としてミノキシジルの危険性を指摘した箇所の一部を引用してみます。日本語は僕が付けました。コロナと間違うほどの副作用を経験するなんてことは本当にごめんこうむりたいものです。

 
 
Consumption of undeclared minoxidil would be expected to result in low blood pressure, rapid heartbeat, and salt and water retention causing swelling. Consequently, patients may be at risk for developing heart failure or other heart damage.
誤って混入したミノキシジルを服用した場合、血圧の低下、激しい鼓動(頻拍)、塩分と水の貯留によるはれ※などが引き起こされると考えられます。結果、患者は心不全を発症する危険や他の心臓に関する病気を発症する危険があります。
※swellingは腫れのことですが、この部分の具体的な医学作用についてはわかりませんでした。

 
 

この薬に回収に関するアナウンスメントは以下のタイトルでFDAのウェブサイトから拾うことができます!

MasterPharm, LLC. Issues Voluntary Nationwide Recall of Finasteride Plus 1.25mg Due to the Presence of an Undeclared Antihypertensive Drug

 
 

髪にいいサプリおすすめランキング 薄毛対策はここがポイント!

おすすめのシャンプーランキング 選び方がわかる!迷いが消える!

 
 
面白いと思ったらポチっとお願いします!↓

育毛・発毛ランキング

ブログ『健康オタクが教える薄毛防止法』髪の悩み相談室登場人物
髪の悩み相談室室長・羽田三樹夫……24歳のときに洗髪だけで200本抜けるという恐怖体験を8か月経験する。そのときから生活習慣の改善に重点を置いた「薄毛にならない対策」をはじめる。父親はハゲ、父親の父親(=祖父)もハゲ、父親の兄(=伯父)もハゲ、母方の祖父もハゲ、父方の親戚にかつらの戦士がいるという「華麗なるハゲ一族」の出。遺伝を考えれば絶望的にかかわらず、42歳になった今でも「ハゲでない」状態をキープしている。
黒沢月男……30歳から生え際が後退しだし、ごまかしが効かなくなっている35歳。薬に頼るかどうか真剣に思案中。
雫まゆみ……旦那がずるむけのハゲ。旦那が育毛剤その他のヘアケア商品の購入のためだけに金を使うのでそのことでしょっちゅう喧嘩をしている。ハゲを見るだけで最近気分が悪くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です