ダイエット目的の粗食は髪の助けになるか? ~食事と髪の関係について~

今日は「粗食」は髪の助けになるのかということについて書いてみます。

ちなみにここで言う「粗食」とは主に野菜のみを取るとか、または野菜と果物、少しの穀物を取るといった食べ方のことです。

女性ではこういう食べ方をしている人は多いでしょうし、またダイエットをするというときには選択肢となる方法だと思います。

一見すると健康によさそうな食べ方にも思えますが、髪にとってはどうなのでしょうか?

はじめに、僕の結論を書いてしまうと髪には悪影響だから

「やめたほうがいい」

です。

カギになるのはタンパク質の取り方です。

なぜやめたほうがいいのか、今日は短めにまとめましょう。

髪はたんぱく質でできています。

カギはたんぱく質だと書きました。

これは髪がケラチンというタンパク質によってできているからですね。
(構成成分の約99%がケラチン)

毛母細胞が材料とするのは血中のたんぱく質です。

このたんぱく質を材料にして髪の毛をつくっているわけです。

よく忙しくて、ろくな食事がとれていない女性が「化粧のノリがよくない」という言い方をしますね。

僕は男なので、化粧の話はわかりませんが、肌のノリというのはよくわかります。

食事をほとんどとらずに飲みすぎたときや、忙しくてきちんと食事をとれない日が続いたりしたとき、確かに肌の艶というのがなくなります。

それと爪が荒れてきますね。

たんぱく質はそもそも体にとって欠かすことのできないものです。

食事としてとったらまず生命維持に使われます。

人が生きていくのに必要な分がまず使われるので、肌や髪に回るのはその後です。

だから、栄養のかたよりがあったりすると「化粧のノリが悪くなる」わけです。

そして、肌の調子がよくないということはつまり髪の調子もよくないということです。

たんぱく質が足らなくなると……

例えば野菜しかとらない食事、野菜と果物しかとらない食事に「気になるところ」があるとすればそれは、たんぱく質が不足する可能性があるということですね。

ただでさえ生命維持に必要なところにとられてしまうわけです。

加えてそもそもの供給自体が少なくなれば、髪に「ひもじい思い」をさせてしまうということになります。

これだけはさけたい! です。

髪にひもじい思いをさせて困るのは、髪ではなくて僕自身ですね。

あなたの髪だったらもちろんあなた自身です。

ひもじい思いをしている髪の毛なんて想像もしたくありませんね。

つまり髪にいい思いをしてもらうためにたんぱく質は意識して取ってあげたほうがいいというのが粗食に対する僕の答え、ということです。

僕は大豆、魚、肉を組み合わせています

髪に必要な栄養素はこれ!

僕が今どういう食事をしているのかは以前紹介しましたが、髪に必須の栄養素というのをもう一度確認しておきましょう。

たんぱく質、ミネラル(特に亜鉛)、ビタミンB群、ビタミンCですね。

そしてもちろんビタミンAやEというものも例えば血行を促進するという働きを考えるととっておきたい栄養素です。

ほとんどなんでも食べるということじゃないか、と言われてしまいそうですが、その通りで、食事は偏りがないというのが本当に大事です。

まずたんぱく質ということで言えば僕の場合は、大豆を積極的にとっています

大豆に関しては、イソフラボンが薄毛を防止するという疫学調査もありますね。

僕はよく大豆とさつまいもと玄米を一緒に炊いて食べています。

さつまいもは僕にとって食物繊維の親玉みたいな存在です。

切れ痔で苦しんだときに、この大豆とさつまいもが入ったごはん、そして味噌汁、納豆という組み合わせが、便の柔らかさを保証してくれる最強の手段だと知りました。
(あくまで僕にとってですが……。)

大豆はたんぱく質以外にもビタミンB、や銅、鉄といったものも含まれています。

これを多くとるように心がけて、動物性のたんぱく質は魚が4日、肉が3日の割合です。
(かなり大雑把ですが、だいたいの目安です)

肉は、牛、豚、鶏を一日ずつです。

つまり、植物性と動物性のたんぱく質を毎日取っているということです。

また、忙しいときの対策として、サバの水煮缶を常備してあります。

これは余計な添加物が入っていないので、僕は特に重宝しています。

「大豆、さつまいも入りごはん」にかけるのはゴマです。

ゴマはミネラルが豊富ですね。

小腹がすいたときはピーナッツを食べます。

以前の記事で鍋の食事をアップしました。

僕は冬場はこれをよくやります。

とにかく煮るだけですから、時間もかからず本当に簡単です。

肉も入る、豆腐(大豆)も入る、野菜も入るですからバランスよく栄養を取れます。

●鍋の食事はさきほどあげた記事に載せてあります
「その食事間違っています! 薄毛と食事の本当の関係とは?」

繰り返しですが、髪に必須とされている栄養素だけでもたんぱく質、ミネラル(特に亜鉛)、ビタミンB群、ビタミンCとこれだけあるわけです。

粗食を旨として、たんぱく質をのけ者にすることだけは避けたいものです。

あなたも知らず知らずのうちに「粗食」になっていないか、食事をチェックしてみてはいかがでしょうか?

●食事からが基本ですが、AGAのことを考えたサプリというのも一つの手です。くわしくはこちらをどうぞ!
「薄毛、抜け毛対策にサプリが有効って本当!?」

なぜ僕は食事の話をうるさくするのか?

今日は、粗食と髪の毛というテーマですが、僕のブログは食事、睡眠、運動と、こういったものばかり取り上げています。

なんでこんなことばかり書いているかというと、一つは「髪は血余」だと信じているからです。

そして、そもそも薬によるAGA治療というのは論外だと思っているからです。

例えば、あなたがクリニックに行って処方される薬と言えばなんですか?

フィナステリド(商品名プロペシア)ですか?

これは乳がんの発生率があがったという疫学調査が存在しますね。NCBI(The National Center for Biotechnology Information。多くの医学論文を参照できます)で情報を見ることができます。→(こちら)

確かにこの疫学調査を否定する別の調査結果も存在します。

ただ、ホルモンに関わる薬を飲み続けることなど僕にはとても怖くてできません。

それでは、ミノキシジルの内服に頼るのか、というとこれはもっと論外です。

ミノキシジルの内服というのは降圧剤としてのみアメリカで認可されている薬です。

しかも一応認可はされているけれど「Boxed Warning」というFDA(Food and Drug Administration)が出す最高レベルの警告が出されている薬です。

髪のための薬として認可している国はどこにもありません。

その副作用に発毛が見られたために、副作用目当てで使っている人がいる、というただそれだけのことです。

では、ミノキシジルの外用薬ということになりますが、これも僕には選択外です。

以前、使ってひどい副作用を味わったからです。

生え際に膿ができるというひどいものでしたが、その部分にはもう産毛さえ生えてきません。

●ミノキシジル(ミノタブ)の危険性はこちらで書いてあります
「ミノタブは論外です! ~ミノキシジルタブレットの副作用・危険性について~」
●ミノキシジル外用薬の副作用はこんな感じでした……。
「悲報! 副作用が出たのでミノキシジルをやめました。」

西洋薬の基本というのは、毒をもって毒を制すというものです。

ハゲ・薄毛というのは、病気ではなく、単なる症状です。

制すべき毒などはじめからないのです。

髪はあなたの健康の延長にしかありません。

そこを確認しておくことが最も重要だと、僕は思っています。

●AGA治療というのなら、せめてサプリぐらいにしておいたほうがいいです。
「薄毛、抜け毛対策にサプリが有効って本当!」

面白いと思ったらポチっとお願いします!↓

育毛・発毛ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です