ノコギリヤシサプリはどうやって選ぶ? 薄毛対策とサプリ

羽田三樹夫
そもそもハゲは薬で治る時代です!のプロペシア(薬剤名:フィナステリド)はノコギリヤシを化学合成したものです。ノコギリヤシは元々前立腺肥大に対して使われていたものですがプロペシアも同じように前立腺の薬を薄毛用に転用してものです。ノコギリヤシが髪に効く!という根拠はこういうところから来ています。今日はノコギリヤシサプリの選び方を書いてみます。

 
 

添加物の量、天然ものかどうかもポイント

まずこれはサプリ全般に言えることですが、添加物の種類と量を確認しておくことが大事です。サプリメントは増量剤、着色料、甘味料、香料、保存料などがなくても製造が可能です。こうしたものをふんだんに活用しているというのは、例えば販売ロスを少なくするために保存料を入れようとか、まずい味を甘味料と香料をいれてごまかそうなどという製造する側の都合が影響していることがほとんどです。成分は基本的に多く含まれている順に表示されます。ビタミンC、ビタミンBなどという成分のすぐ隣に香料や保存料の類が来ているようなものは避けるべきです。また天然原料を使っているものは大豆、カボチャというように必ず食べ物の名前が記されています。ビタミンCなどと栄養素の名称が来ていてそのほかの表示がない場合は合成原料だとわかります。ファイトケミカルといった天然成分のみが持つ「パワー」も取れる可能性を考えると、天然由来の材料を多く使っているもの選ぶというのも一つの判断基準として有効です。
 
 

羽田三樹夫
薬局で買えるサプリでは多いもので90%が添加物というものも販売されています。こうしたものは単に添加物を食っているようなものです。肝臓を壊すだけですからやめたほうが得策です。
 
 

前立腺肥大ではなく薄毛対策のものを選ぶ

髪に必要な栄養素と言われているのがタンパク質、ビタミンB群、ビタミンC、亜鉛を中心としたミネラルです。最近のノコギリヤシサプリはこうした髪専用に特化した成分で構成されています。ですので、薬局で古くから見かけるノコギリヤシサプリはこういう意味でもやめたほうがいい、となります。ノコギリヤシ以外は適当に合成原料と添加物を入れておけば気休めくらいにはなるだろ? という雑な作りをしたものが多いのが特徴です。尿漏れの年寄りが気休めに飲むようなものをつかまされても、薄毛対策にはなりません。真剣に考えるなら相応のお金をかける必要があります。
 
 

黒沢月男
気休めになればいいですが、かえって体を壊すことになってはシャレになりません!
 
 

ボストン(BOSTON)は『医学と薬学』に臨床試験の結果が載っている

ヘアケア商品で有名なエスロッソが出しているGrowth Project.BOSTON(ボストン)サプリは臨床試験を行って効果を実証している数少ない(僕が知る限り唯一の)ノコギリヤシサプリです。『医学と薬学』誌上にて見ることができる効果でやはり目を引くのが髪が実際に太くなったという報告です。僕は24歳のときに洗髪だけで抜け毛200本の恐怖を味わいました。そのときに最も焦りを感じたのが産毛が抜けるということと、髪が前よりも細くなっているのが抜け毛ではっきりわかるということでした。僕は元々剛毛でした。僕の父も若いときは剛毛でした。その父は今や当時の面影をまったく見ることができない「ハゲ」です(サザエさんの波平型)。元々猫毛だから、とか元々剛毛であるとかその人の生まれ持っての特徴はハゲとは関係ありません。髪が細くなるという変化が人をやがて薄毛に導くわけです。
 
 

『医学と薬学』に「BOSTON」(ボストン)サプリに関する調査が載っています
羽田三樹夫
ボストンの特徴はノコギリヤシをオイル状に閉じ込めているというところにあります。これによって粉状のものの2.2倍の量の成分量を実現しています。ノコギリヤシサプリはたくさんありますが、追従を許していないのはこういうところにも理由がありそうです。

ボストンBOSTONサプリの臨床データについて ノコギリヤシは育毛に効くの?

 
 

注目すべきは皮脂や頭皮の汚れの部分

他にマイクロスコープを使っての使用期間前後の観察で、毛穴の皮脂の量、頭皮の汚れが改善しているという成果にも注目する必要があります。僕が味わった恐怖は24歳のときだけで終わらずその後も断続的に抜け毛が大量発生してはその対応に追われるというのを繰り返してきました。何度かあった薄毛の危機に最も感じことの一つは抜け毛が多い時は皮脂の量も多いということです。ホルモンバランスの崩れなど様々なことが言われますが、危機を振り返ると必ず食生活を含めた生活習慣の崩れがありました。一度目の危機では米を一食で3合も食べるということをしていました。糖質過多というやつです。忙しさから一年中ほぼ加工食品にお世話になっていたこともあります。こうしたときには必ず頭皮が油でべとべとになっていました。サプリによってこれが改善できるとしたら、これだけでも非常に大きな実績と言えます。
 
 

ポイント!
ボストンの主な成果(5週間の摂取)
●髪の太さが有意に改善した(太くなった)
●毛穴の皮脂のつまりと汚れの状態が有意に改善した
●抜け毛が減った(被験者の主観評価)
 
 

黒沢月男
ノコギリヤシサプリ自体は古くから前立腺肥大の治療に使われてきたものです。そして前立腺に対する臨床実績も報告されています。例えば『サプリメント事典』(蒲原聖可著)では多くの臨床成果を実際に見ることができます。つまりこの意味でも実績があるということです。
 
 

サプリメントまとめ

サプリ先進国のアメリカでは「ファイトケミカルズ」という概念が定着しています。活性酸素を発生させる太陽の紫外線から植物自身を守る働きをするのがファイトケミカルズです。これは植物の色や香りの素となる成分だと言われています。トマトだったら真っ赤に熟しますね。ピーマンも濃い緑をしています。こうした植物が持っている抗酸化物資そのものを取ることで体内の酸化を防ぐ役割を期待できるということです。ノコギリヤシサプリを選ぶときに一つの基準になるのが、こうしたファイトケミカルズを取れるサプリを選ぶことです。そしてもう一つは前立腺に対していた時代のものではなく髪に必要な栄養素に特化したサプリを選ぶということです。髪に必要な栄養素をもう一度繰り返しておくとタンパク質、ビタミンB群、ビタミンC、亜鉛などのミネラルです。これらとノコギリヤシを効率よく組み合わせたサプリを選ぶことが薄毛対策になります。

 
 

羽田三樹夫
ファイトケミカルズというのは植物の色の素や香りとなる成分で、活性酸素から自分を守るためのものです。サプリ選びはこちらの記事も参考にしてみてください!

 
 

髪にいいサプリおすすめランキング 薄毛対策はここがポイント!

 
 
面白いと思ったらポチっとお願いします!↓

育毛・発毛ランキング

ブログ『健康オタクが教える薄毛防止法』髪の悩み相談室登場人物
髪の悩み相談室室長・羽田三樹夫……24歳のときに洗髪だけで200本抜けるという恐怖体験を8か月経験する。そのときから生活習慣の改善に重点を置いた「薄毛にならない対策」をはじめる。父親はハゲ、父親の父親(=祖父)もハゲ、父親の兄(=伯父)もハゲ、母方の祖父もハゲ、父方の親戚にかつらの戦士がいるという「華麗なるハゲ一族」の出。遺伝を考えれば絶望的にかかわらず、42歳になった今でも「ハゲでない」状態をキープしている。
黒沢月男……30歳から生え際が後退しだし、ごまかしが効かなくなっている35歳。薬に頼るかどうか真剣に思案中。
雫まゆみ……旦那がずるむけのハゲ。旦那が育毛剤その他のヘアケア商品の購入のためだけに金を使うのでそのことでしょっちゅう喧嘩をしている。ハゲを見るだけで最近気分が悪くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です