おすすめのシャンプーランキング 選び方がわかる!迷いが消える!

ポイント!
●シャンプーは界面活性剤の種類によって、高級アルコール系、アミノ酸系、石けんの3種類に分けられる
●洗浄作用の強い合成界面活性剤で洗うと「頭皮を薄くする」「皮脂腺が発達してかえって皮脂が増える」などの深刻な弊害がある
●シャンプーに含まれる防腐剤は頭皮にダメージを与える
●シャンプー選びを間違うと禿げることがある

シャンプー選びの究極の基準は肌にやさしいこと

黒沢月男
今日はおすすめのシャンプーをランキングで紹介するんですよね?
羽田三樹夫
そう。実際に使ってみてこれがいい! というのをあげてみたからぜひ参考にしてほしい。ちなみに、私は24歳の時に洗髪だけで200本抜けるという状態を8か月経験したことがある。また40歳を手前にして再度200本の抜け毛を数か月経験している。
黒沢月男
その節目節目でシャンプーを変えたその結果というこですね。
羽田三樹夫
頭皮や髪のトラブルがある人には必見になると思う。初めにシャンプーを選ぶ際の一番大事なポイントをあげておこう。

 
 

毛穴を洗浄するという発想を捨てる!
まず前提として、頭皮をきれいにするという発想を捨てることです。毛穴に育毛剤をより浸透させるために皮脂を取る必要がある、だから洗浄力の強いシャンプーを選ぶというのは理に適ったことのように思えますが、こういうことをしているとかえって皮脂の量を増やすだけです。事実私の頭皮が一番ベタベタだったのは強力な合成界面活性剤が入った市販のシャンプーを使っていたときです。

羽田三樹夫
過剰な洗浄は頭皮にとって害になる!

 
 

どれだけ肌にやさしいのかという基準で考える
私は、アレルギー体質で、無意識のうちに肌をかいては、ほぼ日常的に下着や衣服に血をつけてしまっていました。それが洗剤、食器用洗剤、ボディシャンプー、ハンドソープのすべてをやめた途端にかゆみも荒れもぴたっと収まりました。洗剤や食器用洗剤に入っている合成界面活性剤は非常に毒性の強いものです。高級アルコール系と言われる市販のシャンプーのほとんどにはこうした衣服用の洗剤や食器用洗剤と同じ合成界面活性剤が入っています。まずこうした強い毒性の入ったものを肌から遠ざけることです。あなたの頭は油がべっとりと付いたフライパンや皿とは違います。肌なら「荒れちゃった」ですみますが頭皮の場合は下手をすると荒れたことがそのまま薄毛につながる可能性があります。「禿げちゃった❤」に恐怖を感じる人はシャンプー選びを真剣にすることをおすすめします。

羽田三樹夫
あなたの頭皮は麻婆豆腐を作ったフライパンと同じではない!
 
 

余計な添加物が入っていないというのもポイント
今一番人気のあるシャンプーがアミノ酸系シャンプーと呼ばれるものです。比較的毒性の弱いと言われている合成界面活性剤が入っています。例えばココイルグルタミン酸ナトリウムやヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウムといったものです。1本4000円前後するものがほとんどで髪のことを心配している人達はだいたいこのシャンプーの愛用者です。私も17年間アミノ酸系シャンプーを使っていました。ただ、やはり防腐剤や香料といった添加物が入っているものがほとんどになります。湿気があるところで長期間カビも雑菌も繁殖させないような「人工的な工夫」はまず頭のためによくありません。

黒沢月男
添加物の見極めも重要です!
 
 
私は「石けん」に変えて皮脂の量も抜け毛も大幅に減りました
私が最後にたどりついたのが昔ながらの製法で作られる「石けん」です。「カリ石けん素地」という成分が先頭にきているものです。安心ということで言えば「石けんシャンプー」は職人が実際に試食しているものも多くあります。洗剤を試食していたら大変なことになりますね。口に入れられないものは肌にもつけないほうがいいというのが私の最終的な結論です。石けんに変えて抜け毛は洗髪時に30本程度、頭皮がべたつくことがまったくなくなりました。

羽田三樹夫
私が選んだシャンプーは5つ。すべて実際に使用しています!

 
 

1位:池田さんの釜焚き石けんシャンプー柚子はちみつシャンプー

職人が試食しているシャンプー
●豊富な美容成分を持つ有機栽培の柚子入り
●石けん素地には人の皮脂に近い馬油を使用

このシャンプーのラベル書いてあるのが「一釜ごとに試食してお届けしています」という文言です。有機栽培された柚子や垂水温泉水、有機ハチミツが配合されています。エタノールも植物由来のものを使っており、防腐剤も入っていません。よくある石けんシャンプーにあるきしみはそれほどなく、香りがとてもよいのが特徴です。私はこのシャンプーに変えてから皮脂の量が減り、夕方のべたつきがなくなりました。また洗髪時の抜け毛は30本前後になりました。

 値段  1496円(300ml/1か月半程度)
 成分  カリ石けん素地、温泉水、エタノール(植物由来)、グラニュー糖、グリセリン、ユズエキス、ユズ種子エキス、カボス果汁、ハチミツ、甘草エキス、クエン酸、イタリアイトスギ葉・実・茎油、ラベンダー油、ユズ果実油

 
 

2位:池田さんの釜焚き石けんシャンプー ピュアハニーソープ

●九州産馬油油脂の石けん素地
●ハチミツが効いた天然シャンプー
信頼できる自然素材のみ使用

同じメーカーのシャンプーです。やはり職人が試食しています。私は「柚子はちみつシャンプー」を使い切ったあとに1か月試しましたが、皮脂の量ということで言えば、引き続きべとつきを感じなくなるくらいの量がキープできていました。当然頭皮の嫌な臭いも消えます。「敏感肌用」とラベルにあります。九州産馬油油脂の石けん素地に国産の純粋ハチミツ、蒸留の竹酢液が入っています。

 値段  1430円(300ml=1か月半程度)
 成分  カリ石けん素地、水、エタノール、グラニュー糖、グリセリン、カボス果汁、ハチミツ、竹酢液、クエン酸、ヒノキ油

 
 

3位:リーブ21 アクティシャンプーR

クオリティの高いアミノ酸系シャンプー
●植物由来の成分が20種類以上配合
●リーブ21の施術で実際に使用されているシャンプー

私が17年間使ったシャンプーです。洗髪だけで200本抜ける状態が8か月続くという恐ろしい体験をしたとき、このシャンプーに変えました。石けんシャンプーまでは思いきれないと考える人はまずこのシャンプーを試してみてはいかがでしょうか。植物由来の天然成分20種類以上配合されていて不自然な香りがしません。頭皮を健やかにするために考え抜かれたものを厳選して配合しているシャンプーです。配送の際にはリーブ21の商品だとわからないように送ってくれます。

 値段  3300円(200ml=1か月)
 成分  水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ラウラミドDEA、プロパンジオール、BG、ココイル加水分解コラーゲンK、PCA-Na、ココイルリンゴアミノ酸Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリチルリチン酸2K、レモン果皮油、リンゴ酸、ニオイテンジクアオイ油、トウキ根エキス、マグワ根皮エキス、シャクヤク根エキス、クララ根エキス、ノイバラ果実エキス、ローマカミツレ花エキス、ボタンエキス、ローズマリー葉エキス、レモングラス油、ニンニク根エキス、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ペンチレングリコール、セイヨウアカマツ球果エキス、塩化Na、ゴボウ根エキス、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、オランダカラシ葉/茎エキス、ステアリン酸スクロース、オドリコソウ花エキス、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、アルニカ花エキス、カプリル酸グリセリル、ポリクオタニウム-10、エチルヘキシルグリセリン、クエン酸

 
 

4位:パックスオリー シャンプー

●オリーブ油が主原料の石けんシャンプー
●泡状の石けんシャンプーで使いやすい
550mlの大容量で経済的

安価な値段で手に入れることができ、短髪な方であればこれ1本で2カ月程度はもちます。太陽油脂というメーカーのもので、肌や皮膚から入る「毒」に関して敏感な会社です。少しきしむのが弱点ですが、例えば下にあげるリンスと併用すれば、それほど気になりません。コスパも考えると使う価値あり!の一品です。ちなみに私はこのメーカーの歯磨き粉を使っています。

 値段  1,069円(550ml=2カ月程度)
 成分  水、カリ石けん素地、グリセリン、ムクロジエキス、スクワラン、トコトリエノール、カミツレ花エキス、マンダリンオレンジ果皮油、オニサルビア油、ニュウコウジュ油、クエン酸、エタノール

 
 

5位:無添加泡のせっけんシャンプー

●昔ならの石けんシャンプー
水とカリ石けん素地のみのまさに石けん
●経済的なことを考えるならこのシャンプー

そのままズバリ「石けんシャンプー」です。「水」と「カリ石けん素地」のみというまさに石けんをシャンプーに転用したものと言えます。私はシャンプーを使うときは頭皮をマッサージしていますが、このシャンプーを使うときは先にマッサージをしていました。シャンプーをつけて洗うというよりもシャンプーをつけて流すという感覚で使っていました。ここであげたシャンプーの中で一番安い値段です。パーム核油のほか植物由来のひまし油が配合されていて、きしみをこれでおさえてくれます。全身も洗えます。余計なものを一切入れていないので「安心」です。

 値段  863円(500ml=2カ月程度)
 成分  水、カリ石けん素地

 
 

番外編:石けんシャンプー専用 かぼすのリンス

●香りがいいので飲んでしまわないように注意!
●シャンプー後の頭を自然な力で弱酸性にしてくれる
●石けんとの相性が抜群のリンス
石けんシャンプーの弱点はきしむということです。それを解消してくれるのが、このリンスです。大分産の有機栽培カボス果汁や沖縄のヨモギエキスが入っています。これを併用すれば石けんシャンプーの弱点をカバーできます。CCレモンという飲み物にちかいいい臭いがします。注意点は酔っぱらって髪を洗っているときに間違えて飲んでしまわないようにすることです。それでも洗剤を飲むのとは全然違いますが……。

 値段  1386円(300ml=1か月半程度)
 成分  水、クエン酸、グリセリン、エタノール(植物由来)、カボス果汁、温泉水、ヨモギエキス、アロエベラエキス、キサンタンガム、ラベンダー油、オレンジ油、ローズマリー油